身軽さと費用対効果の高さが決め手。新規事業の管理にカスタムアプリを重宝  ~栗山自動車工業 株式会社様~

Avatar
もりし

-------------------------------------------------------------------------------------------

ご利用製品:

「サイボウズ Office on cybozu.com」プレミアム版 69 ユーザー
セキュアアクセス 12  ユーザー

-------------------------------------------------------------------------------------------


東京都江戸川区にて中古トラックの買取、修理、販売をメインに、リサイクルパーツの販売も行っている栗山自動車工業 株式会社様。 管理部 課長/部品課長 課長 三浦 様はじめ、土居様、関川様に「サイボウズ Office」のご利用状況についてお話を伺いました。

当社は東京・千葉・神奈川・ドバイの4拠点を設け、バイヤーや営業部門、販売部門、車両部門などで「サイボウズ Office」の「カスタムアプリ」を中心に使用しています。

○ “つなぎ”のシステムのつもりだったカスタムアプリが今ではドバイで大活躍!


私(三浦様)の前職で「サイボウズ デヂエ」(「カスタムアプリ」の前身であるサービス)を使用していて馴染みがあったので、使えないかと社長にアピールしていたのです。
基幹システムが完成するまでの間の仮のシステムとして1部署からカスタムアプリを試験的に導入したところ、「使いやすい」という声が多く、会社全体で使用することになりました。
基幹システムが完成してからは、過去の記録の保管と、ドバイ支店の情報管理にカスタムアプリを重宝しています。基幹システムは企業の業務に合わせて特注する分、修正をしようと思うと、時間も費用もかかってしまいますが、カスタムアプリなら、何度でも手軽に修正を加えることが出来るので、フローが定着していないような新規事業の管理や、マーケットやフローが日々変化するうちの業界にはぴったりなのです。

 

例としてお見せ頂いた「社用車アプリ」。
書式設定やビュー、集計、ステータス管理をフル活用頂いている、お手本のようにきれいなカスタムアプリです。


○表示の有無で社員につかってもらう機能を制御、運用をスムーズに


極力、ビューは増やし過ぎないように気を付け、ルックアップを駆使したりと、情報を入力するユーザーに負担がないような作りにしています。たくさん作った中で、今はカスタムアプリを10種類程度に絞って活用しています。基本機能なども含め、使ってほしいアプリだけをトップページに表示したり、更新していないデータベース化しているアプリはアイコンを白くすることで、使うものを統一するなど、運用面でも気を遣っています。単純に、カスタムアプリを作るのが好きで、私(三浦様)が中心に作っているのですが、ドバイ支社ではこれまでのノウハウの集大成として、業務を2つのカスタムアプリに集約したところがちょっとした自慢です。

○バージョンアップのお知らせはすべて目を通しています。


サイボウズの社員に訪問してもらって、相談にのってもらえるような機会があるといいと思います。できないと思いこんでいても、実は出来る、ということもあると思うので。今のところは仕様変更などで出来ることが増えたりした時のために、バージョンアップのお知らせやメールはすべて目を通すようにしています。更新の情報は見逃したくないですからね。

「スピード感を大切にする社風」だと仰っていた三浦様。訪問時、帰りがけの時には東京営業所の皆様全員にお見送り頂き、しっかりとした管理体制の元、規律正しく業務に取り組まれている企業様という印象を受けました。
日々変化するスピード感のある環境に合わせて、柔軟に対応できるサービスであり続けられるよう、「サイボウズ Office」では随時バージョンアップと機能追加をしています。なお、2016年4月には「サイボウズ Office 10.5」をリリース。栗山自動車工業株式会社様にもご利用頂けていると幸いです。
三浦様、土居様、関川様、ご多忙のところご対応いただきまして、誠にありがとうございました!

 

今回の訪問先:
中古トラック販売・買取の栗山自動車工業 様

http://www.kuriyama-truck.com/

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk