はじめてのグループウェア、社内浸透の工夫 ~伊予鉄髙島屋様~

Avatar
cybozu community team

こんにちは。サイボウズコミュニティチームです。

 

四国最大を誇る百貨店、株式会社伊予鉄髙島屋様の事例を公開しましたので、ご紹介いたします。

ちなみに、百貨店はサイボウズ創業の地!松山にあります。

松山オフィスの紹介はこちら

img02.png

伊予鉄髙島屋様は、紙と判子、内線とメールで行っていた社内の情報共有を

「サイボウズ Office」で一元管理することで二度手間がなくなり、

業務にスピードがついたそうです。

 

はじめてグループウェアを使うため、慣れない現場からは

「どうやってログインしたらいいかわからない」「今までどおり紙と電話がいい」といった

声もあって、浸透にはかなり苦労されたが、毎日ログインするルールを設けるなど、

様々な工夫をされたようです。

 

今は、社内のやりとりは「メッセージ」で行い、チャット感覚で複数人と

手軽にコミュニケーションが取れたり、「ワークフロー」で休暇の取得の届け出を提出したり、

「掲示板」で資料を共有するなど、情報共有の電子化を進めているとのことです。

 

その他、詳しくはこちらの事例をご覧ください。

http://products.cybozu.co.jp/office/ver10/cases/takashimaya/index.html

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
メンバー登録はこちら

メンバーになると、質問や書き込みなど、ユーザー様同士で交流いただけます。
ワークショップ資料など限定コンテンツもご覧いただけます。

Powered by Zendesk